background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

「LINEスマートねんが」の使い方徹底的解説

広告

コミュニケーションアプリ「LINE」でしか繋がらない友達や知人がたくさんいるのではないでしょうか。 ただ、相手の住所がわかりませんですが、はがきを書くのは面倒ですが、LINEメッセージだけで挨拶するのも味気ないです。 今回はLINEから年賀状を送ることができる「スマートねんが」を使いましょう。

早速、LINEで作って送れる日本郵便公式の年賀状サービス「スマートねんが」の使い方を説明しましょう!

広告

「年賀状パック」の購入

まず、日本郵便のLINEアカウントから「スマートねんが」にアクセスし、三つの「年賀状パック」を選んで購入します。

①トライアルパック・・・価格:200円(税込)/デザインテンプレート:5種類

②ベーシックパック・・・価格:300円(税込)/デザインテンプレート:20種類

③プレミアムパック・・・価格:500円(税込)/デザインテンプレート:30種類

上記の三つの「年賀状パック」を購入すれば、2022年1月1日(土)から2022年2月4日(金)の期間中は何人でも、何通でも送り放題で利用できます。

・支払いはクレジットカードまたはLINE Payがご利用いただけます。

・年賀状パックは、差額を支払うことでアップグレードが可能です。

・LINEでの送付の場合、グループLINEへの送付も可能です。

年賀状の作成

次に、好きなテンプレートを選び、そこに写真やスタンプを挿入、メッセージを書き込んで完成します。さらに動画や音声も挿入可能です。お気に入りの年賀状を何種類でも作ることができます。

年賀状を送る

最後に、宛名の欄に相手の名前を書けば完成!もちろんこのメッセージ送信は無料なので、たくさんの友だちに同じデザインの年賀状を送ってもいいし、1人1人違った内容のデザインにして詳しい近況報告をするのもいいだろう。

住所が分からなくても、紙の年賀状を送るのが可能

作り上げたデザインの印刷・投かん依頼も、別途230円(税込)/枚の料金(年賀はがき代込み)でご利用いただけます。宛先住所の確認はLINEのトーク画面上に相手の住所入力フォーマットへのリンクを送り、住所を入力してもらうため、送り手が住所を知ることなく紙の年賀状を送ることができます。

「スマートねんがくじ」抽せんで合計1万本のLINEポイントが当たる

さらに受け取った側は、画像のみの場合も、はがきの場合も、LINEポイントが当たる抽選に参加できます。従来の「お年玉付き年賀状」のような楽しみもちゃんと味わえます。

広告

新作全て見る >

新着トピック全て見る >

エディターズピック

ライン

通信
4.7
詳細

ユーチューブ

動画プレーヤー&エディタ
4.1
詳細

歩数計

健康&フィットネス
4.6
詳細

ラジコ

動画プレーヤー&エディタ
4.1
詳細
詳細

NHKプラス

エンタメ
4.4
詳細
詳細

ズーム

ビジネス
4.5
詳細

テレビ

エンタメ
4.4
詳細
詳細

Gメール

通信
4.1
詳細