スナップチャット

スナップチャット(スナチャ)はスタンフォードの大学に在籍していた二人の学生さんにより開発されたスマートフォン向けの写真共有アプリケーションです。ユーザー(スナップと呼ばれる)はアプリ内で写真やビデオ、画像、テキストなどを送信することができます。

  • 価格: 無料
  • カテゴリ: ソーシャルネットワーク
  • バージョン: 10.60.5.0
  • 開発者: Snap Inc
評価
4.7 (1,985 投票)
snapchat-02.jpg

主な特徴

送信されたすべての写真は閲覧時間を1分10秒に設けられます。つまり、相手が閲覧すれば、写真は自動消滅になります。また、この1分10秒内で、個人宛やグループ内で相手に送信する写真などがスクリーンショットを撮られると、投稿者に通知します。閲覧時間終了後、写真などはアプリ上から見ることができなくなります。そのためこれらの機能により、スナップチャット(スナチャ)は特に若い方に向けて非常に安全性が高いサービスを提供しています。

スナップチャット(スナチャ)で「子供の顔」を作るフィルター

アプリを起動して、ホーム画面の右下の小さい顔のボダンをタップします。萌黄色い枠に囲まれている子供の顔は子供フィルターです。これを選択して、画面の指示ように、顔を映してください。そして、画面中の顔が子供のようになれると、カメラアイコンをタップしてください。

「子供の顔」以外、スナップチャット(スナチャ)は「性別を変えるARフィルター」などの面白いフィルターも流行っています。ぜひお楽しみしてください。

歴史

スナップチャット(スナチャ)は2011年9月にリリースされてもう4年を経ちました。これからスナップチャットの歴史を紹介します。設計者の一人、スピーゲルがスタンフォード大学の製品デザイン授業で最後のプロジェクトのためこのアイデアを思いつき、同年9月、正式に運営し始めました。

2012年1月、スナップチャット(スナチャ)はライトスピード・ベンチャー・バートナーズにより48万5000ドルの資金調達ができました。2012年5月、1秒当たり、25枚の写真が送信されるようになりました。同年末時点、スナップチャットのIOS版のアプリ内で2000万枚以上の写真が共有されることが計算されました。

2014年2月Aラウンド投資により、1350万ドルの投資を追加され、下半期Bラウンドから、8千万ドルの投資を受けられました。そして同年末、スクエアと提携して、送金サービスという新たなサービスが始まりました。

もっと知りたい

主なターゲット層は13歳から25歳までのユーザーたちです。一番魅力的なことはユーザーたちのプライバシーとセキュリテイの保証できることです。アメリカの市場において、様々なトークアプリが溢れている現在、スナップチャット(スナチャ)における写真の自動削除される機能と他社製品と比べて優れる送信スピードは非常に高い評価されています。

スナップチャット(スナチャ)には、特にプライバシー保護に力を入れて、個人情報を漏れることなどを心配せず、誰(見知らぬ人に対しても負担なしで)でもスムーズにトークできます。

スナップチャット(スナチャ)はただのトールアプリに満足せず、ソーシャルコミュニケーションプラットフォームに進化するポテンシャルはいくつあります。例えば、ストーリーという機能はface bookのフローに似ています。自分だけではなく、フレンドにも共有できる機能です。