background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

太陽星座双子座|性格・恋愛・仕事を徹底分析!

gemini
広告

太陽星座双子座ってどんな人?

このページでは、太陽星座が双子座の人の性格、人生に求めるもの、仕事観、恋愛観などを紹介します。

太陽星座が双子座ということは、誕生日でいうと大体5月21日~6月21日頃に生まれた方になりますね。

広告

基本性格は【好奇心旺盛・頭脳明晰・柔軟性がある人】

双子座は12星座の中で3番目にあたります。双子座はフットワークが軽く、知的好奇心が旺盛で情報や知識を広い範囲から集めてくることに喜びを感じます。

双子座の人は好奇心旺盛な性格で人見知りをすることもほとんどないため、周囲から愛されて周りに人が絶えることがありません。プラス思考で新しいことを好むので、友人・知人からは「一緒にいると退屈知らずで過ごせる楽しい人」と思われているでしょう。

双子座の人自身がユニークな考えを持っているというよりは、自分が面白いと感じたことをコミュニケーション能力や表現力を活かして広める・伝える・翻訳することに長けています。ただし、特定の分野を深く掘るのではなく「広く・浅く」が双子座の特徴です。

また、基本的に明るく人気者ですが、良い意味でも悪い意味でも頭の回転が早いので、二面性を持っている人が多い傾向です。状況判断が早くて機敏に行動し、他人の意見や考え方に柔軟に適応しやすい一方、あっさりしている性格から「上辺だけの人」と思われることもあるようです。

双子座はとにかく明るく陽気な人が多いのですが、意外と繊細で寂しがり屋なところもあります。一緒にいない時間が長くても平気な割に、会えない状況は嫌います。

恋愛観は【干渉が苦手、一緒にいて楽しいかが重要】

双子座は、お互いが一つとなるような深い恋愛は望んでいません。

一緒にいて楽しいと感じることや、ノリが合うといったことの方が重要です。自分より賢い人や知的な人を好む傾向があり、興味を持った相手と交際に発展することも少なくありません。

双子座の人は面白いこと、楽しいことが大好きなので、恋愛の相手として一緒にいると退屈することなく過ごせます。 また、自分はもちろん相手からの束縛や干渉を嫌い、相手がどこで何をしていても、あまり気にしません。

どちらかと言うと、ドライなタイプです。しかし、寂しがりやな一面も持っていて、会いたい時に会えない環境には耐えることはできないため、遠距離恋愛は向いていないようです。

仕事観は【優れた頭脳や自由な発想を発揮できる環境が必要】

双子座の人は、仕事に対して一生懸命力を注ぐことができ、学ぶことを厭いません。

器用であらゆる才能を秘めているため、どんな仕事でも結果を出すことができるでしょう。旺盛な好奇心からさまざまな情報をキャッチし、優れた頭脳を活かして、情報の質を見極め、分析や解析することができます。

また、蓄えた豊富な知識を人に伝えることで、満足感や充実感を感じることができますので、チームで取り組む仕事の時に真価を発揮することができます。

一方、知的な刺激を好むので、単調な仕事、繰り返しの仕事、時間をかけてコツコツ進めるような仕事となると、とたんにやる気を失ってしまうので注意が必要です。

規則に縛られて窮屈な職場環境も、双子座の輝きを奪ってしまいます。特に、自分が尊敬できない人や、能力が低いと感じている人からの命令に従うことは、耐え難く感じてしまいます。双子座には、ある程度自由に発想できたり、行動できたりする環境が必要です。

毎日の星占いを見る