background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

太陽星座蟹座|性格・恋愛・仕事を徹底分析!

cancer
広告

太陽星座蟹座ってどんな人?

このページでは、太陽星座が蟹座の人の性格、人生に求めるもの、仕事観、恋愛観などを紹介していきます。

太陽星座が蟹座ということは、誕生日でいうと大体6月22日~7月22日頃に生まれた方になりますね。

広告

基本性格は【感受性・包容力があり、直感的な人】

蟹座は、12星座の4番目にあたる星座です。蟹座は高い感受性、想像力、共感力があり、周りの人の気持ちや周囲の雰囲気を敏感にとらえて包容力を発揮します。家族や仲間に対して親切で愛情深く、悩んでいる人には優しく寄り添って話を聞いてあげたり、サポートしてあげたりと献身的に世話を焼くのが好きです。

蟹座の人と一緒にいると、周囲の人はリラックスできる、安心感があると感じます。一方、敏感すぎるせいで、心配性で取り越し苦労が多かったり、傷つきやすかったり、気分屋になったりすることも。周りの人にとってはなかなかとらえどころのない性格に見えることもあるでしょう。

また、蟹座の人は白黒はっきりしていて、まさに自分を覆う甲羅の内側と外側をはっきり分けるような性質を持ちます。本音と建前という区別で思考を整理することがあったり、周囲の人を「身内か、そうでないか」に分類して、身内に対しては情が厚くとことん尽くしますが、そうでない人にはそれほど関心を示さないことも。

物憂げな気質を持っているため、今ある何かを変えることや引っ越しなどの環境の変化を好みません。ですが、好まないだけで新しい環境でも意外とすんなりとなじむことができます。

恋愛観は【信頼と安心を感じたい】

蟹座の人は、自分のテリトリーを大事にすることが多いです。パートナーとなる相手に対しては、信頼と安心を感じられることが必須条件。

自分のテリトリーに迎えた相手にはとことん尽くし、時には自分よりも優先して相手のために行動します。一方で、周囲から愛され慣れているとも言える蟹座の人は、自分が愛されているという実感を特に欲する傾向にあります。依存心が強く、嫉妬深いところもあり、浮気などはもってのほか。自分はもちろん、相手の浮気も許しません。

蟹座の人と付き合うには、まず信頼を得ることが大切です。信頼できる、安心できると相手に思ってもらえるよう真摯な態度で接しましょう。

蟹座の人と接近するには積極的なアプローチが大切です。ただし、しつこくしすぎては逆効果ですので、気をつけて。12星座中、もっとも結婚願望が強いのが蟹座です。結婚こそ幸せと考え、変化のない日々でもマンネリなどは感じませんが、とにかく誠実さを求め、自分と同じ価値観を持つ相手を望んでいます。

仕事観は【人の役に立つための努力を惜しまない】

蟹座の人は、「みんなの役に立ちたい」という思いを根底に持っています。そのためどんな仕事でも、要求に答えようと粘り強く努力することができます。

もともと聞き上手なので、相手の意見を受け止めたり求めに応じたりする必要がある仕事、特に営業や販売などに向いています。

しかし頭の回転が早く、分析力にも優れているため、どんな職種でも問題はないでしょう。

高い想像力、母のような愛情、抜群の記憶力などを活かして、小説家や脚本家などのクリエイティブな仕事や、カウンセラーや看護師など人に寄り添う仕事にも適性があります。

グイグイとチームを引っ張るリーダー役は難しいですが、人の機微を見抜く目を持っているため、相手に合わせて指示を出し、寄り添うタイプのリーダー役として活躍できそうです。

真面目すぎる部分があるので、一人であれこれ決断できてしまうと行き過ぎてしまうことや方法を選ばない場合もあります。蟹座の人を止められる人か環境があると理想的です。

毎日の星占いを見る