background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

【射手座のギリシャ神話】卓越した技能と優れた知識を持つ半神半獣

sagittarius
広告

ギリシャ神話には、半人半獣のケンタウルス族のケイロンがモデルとして描かれています。ケイロンは、時の神クロノスを父に持ちますが、望まれた生まれではありませんでした。しかし、ケイロンは幸いにもほかの神々に愛されたので、医術のほかあらゆる学術に長け、予言や狩猟の力を身につけることができました。

広告

弓の名手であったケイロンは、後の英雄・ヘラクレスに請われ弓を教えていましたが、ある時、ヘラクレスがケンタウルス族といざこざを起こしてしまい、彼らに向けて矢を放ちます。しかし、その矢は不死のケイロンにあたってしまいます。矢に塗られた毒によって、ケイロンは終わりのない苦しみを受けることに。

苦しみに絶えきれなくなったケイロンは、ゼウスに死なせてもらえるよう懇願して息を引き取ることになるのですが、さまざまな功績を讃えられ天に上り星座になった、と言われています。

自らの知識や能力を請われるまま人々に教えるケイロンの姿は、多才でどんな人とも交流を持てる射手座によく似ているように思えます。また、生まれに恵まれずとも理想を掲げ歩み続ける姿と何かを突破していくエネルギーは、射手座ならではのものと言えますね。

毎日の星占いを見る