background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

【天秤座のギリシャ神話】天秤を手に平和の大切さを伝えた正義の女神

libra
広告

ギリシャ神話には、天秤を手にした正義の女神・アストライアーの話が描かれています。アストライアーの天秤は、善と悪を振り分けることができたといいます。彼女は、争いを起こした当事者らを天秤に乗せて善悪をはかりました。天秤は、正しい方が持ち上がり、悪いことをした方が下がるという仕組みだったようです。

広告

アストライアーは、人間たちが争いに明け暮れ、多くの神々が人々を見放して天界へと帰っていく中、最後まで地上に残り平和の大切さを伝え続けました。しかし、それでも戦争をやめない人々に諦めを感じた彼女は天界へと帰っていきました。こうしてアストライアーの天秤が天秤座になったと言われています。

世の中を平等に、平和にしたいと願う天秤座は、アストライアーの姿と重なりますね。天秤座は、自分ではなく、自分を取り巻く相手や周囲とのバランスを見て「立ち位置」を決める傾向もあるので、ときに自分の個性を見失ってしまうこともあるようです。客観的になりすぎるとあれこれ疲れてしまうこともありますが、それを癒やすにもやはり人とのつながりを必要とするのが天秤座なのです。

毎日の星占いを見る