background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

【双子座のギリシャ神話】弟の不死を分かち合った仲の良い双子

gemini
広告

ギリシャ神話で双子座のモデルとなったのは、神々の王ゼウスと、スパルタの王妃であるレダという美しい女性の間にできた、双子の兄弟と言われています。

広告

兄は普通の人間でしたが、弟はゼウスの血を引いて不死の肉体を持っていました。双子はとても仲が良く、どちらも武術に優れていました。

しかしある時、兄が戦いの最中に矢を受け、命を落とします。弟は兄の死を嘆きました。それを哀れに思ったゼウスは、弟を神の一員にしようとしましたが、弟は「兄と一緒でなければ嫌だ」と拒みます。

ゼウスは仕方なく弟の不死を半分兄に与え、兄弟は天上界と地上とを行き来して過ごすことになりました。そしてやがて二人とも天に登り、双子座となったそうです。兄は人間で弟は不死身であったり、天上界と地上を行き来したりするエピソードは、双子座の二面性を表しているように感じられますね。

双子座は「移り気で浮気性」などと言われることもありますが、神話で浮気をするのは彼らの父にあたるゼウスや母のレダであり、双子の兄弟ではないことに気が付きます。

双子座の二面性は、「浮気性」とは異なるイメージであり、例えば「明るい表情から一転、神経質な姿を見せたりする」というような不安定な面を表しているのです。

毎日の星占いを見る