background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

【山羊座のギリシャ神話】変化に失敗した神の愉快な物語

capricorn
広告

山羊座は歴史が深く、さまざまな神話が語り継がれています。その中でも有名なのは、牧神パーンが変身に失敗してしまった姿がモデルになったという話です。

広告

牧神パーンは、山羊の角と足を持ち、顔にも山羊のようなひげが生えていました。彼は、シュリンクスという笛を吹いて野山を駆け回る、陽気でのんきな神でした。一方で、情熱や狂気を司り、人々に恐慌を与えるという力も持っていました。

あるとき、神々がナイル川のそばで宴会を開いていました。宴会好きのパーンももちろん参加し、踊ったり笛を吹いたりして場を盛り上げていました。そんな楽しい宴の最中、突然怪物テュポーンが現れました。「怪物の中の怪物」と恐れられるテュポーンの出現に、慌てふためく神々。

ゼウスは鳥に姿を変えて空に飛び立ち、美の女神アフロディーテとその子供エロスは魚になって川に飛び込み、他の神々もそれぞれ異なる動物の姿になって逃げました。牧神パーンも例外ではなく、魚の姿になり逃げようとします。

しかし慌てるあまり、上半身は山羊の姿のまま、下半身だけ魚の姿というおかしな姿に変身してしまったのです。その姿で川を泳いで逃げるパーンを見て、ゼウスはたいへん面白がり、山羊座として天にあげ星座にした、と語られています。

実はこの話は、魚座の神話と同じ場面を描いています。慌てふためき、ちょっとドジな一面を見せる牧神パーンですが、最後まで諦めない粘り強さは山羊座のイメージと重なるのかもしれません。

毎日の星占いを見る