background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1 background Layer 1

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

新型コロナ発生状況 ワクチン情報
広告

国内の接種状況

  • 202,635,492

    累計接種人数

  • 100,452,398

    うち2回接種完了

  • 0

    高齢者接種人数

累計接種人数

厚生労働省の資料「PCR検査陽性者」の数。感染はしているが症状がないケース(=無症状病原体保有者)も含む。日付は都道府県から厚生労働省への報告ベース。厚生労働省から発表のなかった日(2月8、9、11、15、16日)は前日と同数としている。

接種実績

厚生労働省の資料「PCR検査陽性者>うち有症状者>うち退院した者」の数。日付は都道府県から厚生労働省への報告ベース。発表のなかった日(2月8、9、11、15、16日)は前日と同数としている。

都道府県別感染者数

都道府県
累計接種人数
都道府県
累計接種人数
もっと見せる

令和4年秋開始接種(オミクロン株対応2価ワクチンの接種)

接種が受けられる時期

接種を行う期間は、令和4年9月20日から令和5年(2023年)3月31日までです。

接種の対象

令和4年秋開始接種の対象は、以下を全て満たす方全員です。

(1)12歳以上の方

(2)追加接種(3回目又は4回目)の実施の有無にかかわらず、日本国内で少なくとも初回接種(1回目・2回目)が完了している方又はそれに相当する接種が完了している方

(3)前回の接種から、一定期間が経過した方

なお、国からは、まずは4回目接種対象者でまだ接種を受けていない方から開始し、10月半ばを目途に対象者全ての方への接種を開始する、という方針をお示ししておりますが、自治体ごとに、接種状況に応じて4回目接種対象者以外の方への接種を前倒して実施することも可能としています。接種状況が自治体ごとに異なることから、予約・接種開始時期につきましては、お住いの市町村からのお知らせ等をご確認ください。

接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。インターネットで、ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探すには、接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」をご覧ください。そのほか、市町村からの広報などをご確認ください。

なお、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種ができない方は、住所地以外で受けていただくことができる場合があります。具体的な手続きは、「コロナワクチンナビ:住所地外接種届について」をご覧ください(11月中旬開始予定)。

追加(3回目・4回目)接種

接種が受けられる時期

3回目接種を行う期間は、令和3年12月1日から令和5年3月31日までです。

4回目接種を行う期間は、令和4年5月25日から令和5年3月31日までです。

接種の対象

新型コロナワクチンの3回目接種の対象は、以下を全て満たす方全員です。

(1)12歳以上の方

(2)日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種が完了している方

(3)初回接種を完了した日から、一定期間が経過した方

新型コロナワクチンの4回目接種の対象は、3回目接種又はそれに相当する接種から5か月以上が経過した下記の方です。なお、既に令和4年秋開始接種(オミクロン株対応2価ワクチンの接種)を受けた方は、4回目接種の対象外となりますのでご注意ください。

(1)60歳以上の方

(2)18歳以上60歳未満で、基礎疾患を有する方や新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方、医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。インターネットで、ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場を探すには、接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」をご覧ください。そのほか、市町村からの広報などをご確認ください。

なお、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種ができない方は、住所地以外で受けていただくことができる場合があります。具体的な手続きは、「コロナワクチンナビ:住所地外接種届について」をご覧ください。

接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。